2007年04月28日

声を出せる場所・・

私、あなたのような人が「声」を出せる場所にしたいと思っています

それは『間違っていない』
そう思っています

ちょっと小休止です

『自分』を見つめなおします

必ず『通りすがりさん』が声を出せる場所を作ります

待っていて下さい

必ず作ります
posted by konoka at 08:58| Comment(54) | TrackBack(0) | 通りすがりさんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

どうされていますか

通りすがりさん

気になっています。

まだ怯えているのかな

1人で泣いていないかな

気持ちたたみ込んでしまっていないかな

笑えているかな・・・・って

いつでも来て下さいね

わたし、ここにいますから
posted by konoka at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 通りすがりさんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

通りすがりさんへ

通りすがりさんから前回頂いた書き込みで
「苦しみから抜け出した自分」の視点からHPを管理していた事を
確認させて頂きました。
教えて頂いてありがとうございます(__)
お礼を言いたかったんです。

傷ついていらっしゃるんですね。
当然です・・。
小さく怯えている姿が目に浮かびます・・。

お時間を頂いたのには理由があります。
通りすがりさんの文章から
「何が伝わり、何を求めていらっしゃるのか」
感じ取りたかったからです。
感じ取って「過去の自分と今の自分」で考えてお返事したかったんです。

伝わったのは「傷ついて怯えていらっしゃる姿」だけでした。
きっと家族の方にも気持ちを話されていないのではないですか?

言葉として何かを求めているのは伝わりませんでした。
求めていらっしゃる事は「ストレスは受けないの?」って
質問の答えだけです。

会話や文章から伝わるモノだけで反応している人間なので・・。
一種の「野生動物」です(笑)
だから見当外れだったらゴメンナサイ。

思った事は・・・。
誰も「通りすがりさん」を傷つける権利なんかありません。
傷つく必要も無い。
傷つく事は「怖い事」でもないんです・・・。

世間の「偏見」は患者さんを追い詰めます。
何気ない一言で・・。とても傷ついてしまいます。
ある人が家族を思いやった一言。

「御家族の方も大変ですねぇ」
「いやぁ・・仕方ないですよ」
これでさえも患者は傷つきます。

この会話の後に「チラ見」でもされようものなら
患者はどん底でしょう。
家族が大変なのが分かっているから「私は傷ついた」って
言えません。
私は未だに家族に言っていません・・。
そしてその傷がどんどん大きくなっていきます。
「家族を思いやれないなんて、自分が傷つく事が優先になるなんて
私は最低の人間だ」って。

ここから、どうやって抜け出したのか・・
自分でも覚えていないんですよね(T_T)
これから必要になった時に思いだします。

このHPを公開してからとっても考えが変わりました。
毎日変化があります。
「通りすがりさん」からも色々気づかせて頂いています。
それは「私自身の為」です。
私に必要だからです。
又、頑張ろうって思えるからです。
私の考えに変化があっても変わっていないのは
「信頼出来る医師」
それは「医師の考え」に共感する事では無く
「患者の気持ち」が伝えられ「患者も医師の気持ちを理解出来る」
それが「信頼」の大前提だと思うのです。

医師の「心因性」って判断は、その3文字からの偏見により
「自分で治せ」
「自分が悪いんだ」って扱いが
患者を追い込むんですよね?
治療に繋がる繋がらないは別として
「心因性」って判断されたとしても
「治してやりたい」って接し方をして頂けたら
それは信頼出来る「主治医」になるわけです。

これは、あるジストニア患者さんから
教えて貰った事です。
今、「通りすがりさん」に伝えたい事はたった1つです。

全てが繋がっています。
怯えないでください。
大丈夫ですよ!
傷つく事は怖い事ではありません(^_^)b

はぁ・・。
文章がまとまらない。
posted by konoka at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 通りすがりさんへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。